FC2ブログ

イソップ寓話

皆さま、こんにちは!
ある本を読んでいましたら、こんなお話がありましたので紹介したいと思います。

精進(努力)の大切さを教えてくれる話として、昔から読み継がれる寓話に「ウサギと亀」のお話があります。
ある日ウサギと亀が競争することになりました。
ウサギは足の遅い亀を馬鹿にして、途中で昼寝をしてしまいます。
でも亀はコツコツと休まず前進して、ウサギに勝つと、いうお話です。
だから、ゆっくりでもコツコツ努力するコトが大事だという話ですが、この話にはもう一つ別の見方があります。

それは「亀はゴールを見ていたが、ウサギは亀しか見ていなかった」と、いうコトです。

どういうコトかというと、亀はゴールを見ていたので、ゴールに向かって、進み続けるコトが出来ました。
だから、目的地にたどり着くという結果になりました。
ところがウサギは、亀に自分の足の速さを見せつけるコトしか頭にありませんでした。
だから、目的地にたどり着くコトができなっかたのです。

仏教では、人間の苦しみ迷うありさまを流転輪廻(るてんりんね)と、いいます。
流転も、輪廻も、輪がぐるぐる回るというコトで、ゴールのないトラックを走り続けるようなコトです。
どんなに努力しても、目的が間違っていたら、目指すところにたどり着くコトはありません。

逆に、正しい目的に向かっているなら、仮に歩みが遅くても、最後には必ず、たどり着きます。

努力はとても大切なコトですが、その前に何のための努力なのか、
それは正しい目的に向かってのコトなのかというコトが、ハッキリしていなければいけません。

もし、頑張っているのに空回りしている、頑張っても進んでいる感じがしないと思ったら、
自分は何のために努力をしているのかを、改めて振り返ってみてはどうでしょうか

と、いうお話でした。

@かずさる
プロフィール

toyotenrei

Author:toyotenrei

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR