FC2ブログ

「強いからヒーローなんじゃない 喜ばせるからヒーローなんだ。」

この言葉は、アンパンマンの作者、やなせたかし先生の名言です。

アンパンマンは子供たちに絶大な人気を誇るヒーローです。
しかし、やなせたかし先生によると、「世界最弱のヒーロー」なのだそうです。
アンパンマンはアンパンで出来た顔が濡れたり変形したりするとパワーが出ないし、ジャムおじさんに助けを求め、新しい顔をもらわないと戦えません。
それに弱っている人を見たら自分の顔のアンパンをちぎって差し出してしまいます。
自分が弱るとわかっていても、助けずにはいられない、こうした行為が「正義」であるとやなせ先生は言ったそうです。

やなせ先生がこう考える背景には、戦争の体験がありました。
20代で中国に出征し、「大東亜共栄圏」の名の下、正義の戦いだと信じて戦いました。
しかし敗戦で戦争は終わりを告げ、正義の戦いというものは存在しない、戦争そのものが悪だったと価値観が一変しました。
正義は時代や立場によって全く異なってしまう現実に直面し、本当の正義とは何かを突き詰めて考えました。
そして、「飢えている人に食べ物を差し出す」といった、困っている人を助けることこそが正義であるとの考えにたどり着きます。

アンパンマンは当初、アンパンを配る普通の男性として描かれていたそうです。
やなせ先生の「正義は政治家や偉い人だけが行うものではなく、普通の人がするもの」というメッセージが込められています。
悪い者をやっつけることではなく、「溺れている子供を見て、思わず川に飛び込んでしまうような行為」こそが正義!!
だからアンパンマンはバイキンマンを必要以上に傷つけることはせず、自分を犠牲にして弱い者を助けるのです。

アンパンマンの世界にはたくさんのキャラクターが登場します。
中でも異色である「ロールパンナ」についてもご紹介します。

ロールパンナはジャムおじさんのパン工場で、メロンパンナのお姉ちゃんとして誕生しました。
生地にはメロンパンナのメロンジュースが混ぜ込まれていて、「人に優しく、人に尽くすように」との願いが込められました。
しかし、そこへバイキンマンが送りこんできたロボットにより、バイキン草のエキスも混ぜられてしまいます。
そのままロールパンナは焼き上げられてしまい、善と悪の両面の心をもつキャラクターとして誕生しました。

「みんなを傷つけてしまうから」とメロンパンナとも離れて孤独に暮らし苦悩しているロールパンナの姿は、どこか人間らしくもあり、視聴者の心を惹きつけています。
善と悪の心を持つのは、人間であればみんな同じ。
それでもより良く生きていきたいというロールパンナの生き方には、私たちも考えさせられてしまいます。

アンパンマンには、やなせ先生が考える正義や生き方についてのヒントがたくさんちりばめられています。
奥深いメッセージは、心が疲れたときにも癒してくれそうですね。

と、言うお話です。

私たちも困ってる人がいたら、手を差し伸べられる人間でいたいですね…  

@かずさる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toyotenrei

Author:toyotenrei

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR