FC2ブログ

嘘も方便…

こんにちは!

皆様は「嘘も方便」と、言う言葉を一度は聞いた事があると思います。
意味としては、「嘘をつくことは悪いことだが、時と場合によっては必要な事もある」と、言う意味です。

この「方便」という言葉、実は仏教用語なのだそうです。
仏教において、悟りに到達するためや衆生を救うための巧みな手段や方法のことです。

もともと、嘘と方便は結びついてはいませんでしたが「嘘も方便」という言葉は、江戸時代になって使われるようになったそうで。
江戸時代の書物の中には、このような具体例が書かれています。

ある老人の家が火事になり、その中で何人かの子供たちが遊んでいました。
老人が「危ないから早く逃げなさい」といっても子供たちは耳をかさず遊んでいたそうです。
その時老人が、「外に出ればお前たちが欲しがっていた羊の車、鹿の車、牛の車があるよ」といって、外に連れ出した。
本当は外に子供たちが欲しがる物はありませんでしたが、嘘をついたおかげで、子供たちは事なきを得たという話です。


日常生活では使われやすいとされている「嘘も方便」ですが、今までは自分の都合の良いように嘘を肯定していた場面も多くあったかと思います。

嘘はいけないものですが、今後はぜひ正しい使い方で「嘘も方便」を活用していきたいですね!
と、言うお話でした。

@かずさる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toyotenrei

Author:toyotenrei

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR