FC2ブログ

言葉の使い方

こんにちは

亡くなった際に「死去」や「逝去」という言葉を使うと思います。
この言葉をお悔やみの気持ちで伝える際に間違えると失礼にあたってしまうそうです。 
何が違うのか調べてみました。

「死去」とは
家族や身内が亡くなった際は「死去」

「逝去」とは
自分の家族や身内以外の方が亡くなった際に敬意を払い「逝去」
社長や上司などの立場が上の方だけでなく、友人や年下の方にも尊敬語として使うこともあるそうです。
しかし自分が所属する会社の社長や上司の訃報を取引先に伝える際は、身内扱いになり「死去」になります。

そして身内や友人などに、お悔やみを伝える際に気を付けなければならない言葉もあり、不幸の繰り返しを思わせる「今後も」「追って」「重ね重ね」や死を連想させる言葉は「亡くなった」→「ご逝去され」 「生きていた頃は」→「ご生前は」などの言葉に変えて使います。 
 
言葉選びって大事ですね。

@かずさる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toyotenrei

Author:toyotenrei

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR