FC2ブログ

東西クラベロー

「関東」と「関西」では、しきたりや風習 その他色々と違いがあります。一般的に有名なところだと、エスカレーターの右寄りと左寄り…
そんな東西の違いのお話です。その1では、「いなり寿司」です。先ず「関西」では、「おいなりさん」と「さん」を付けて呼ばれています。元々は稲荷神社に納めるのお寿司なので「さん」を付けて呼ばれるようになりました。「アメちゃん」なども擬人化してるような…
そんな関西のおいなりさんは形が三角形の形をしています。これは狐の耳の形を模したとか、京都の伏見稲荷大社のある稲荷山の形を模したものとされています。
関東のいなり寿司と言えば俵型。俵型の油揚げに酢飯が包まっている形が主流です。俵は「米俵」を表し「五穀豊穣」の意味があります。そしてお稲荷さん(きつね)の好物、油揚げを使用しているのでそのまま「稲荷寿し」となったようです。
全国でお稲荷さんが祀られているのは約3万社にもなると言われています。江戸時代、江戸でよく見るものとして、「火事 喧嘩 伊勢屋 稲荷に犬の糞」茅ヶ崎にも「左近稲荷神社」「金森稲荷神社」があります。いなり寿司をお供えにお参りしてみてはいかがでしょう(*´∇`*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toyotenrei

Author:toyotenrei

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR