FC2ブログ

死亡保険金を受け取るにあたって。

今回は、皆様が入っている「生命保険」の中から。
多くの方から質問がある中で。
『死亡保険金も税金がかかりますか?』
との疑問が皆様、あるのではないでしょうか。

死亡保険金も課税の対象になります。
ちょっと、難しいかもしれませんが、契約形態によって
「課税の種類が違う」とだけ憶えておいてください。

「契約形態」とは?
保険に入るのに保険会社と契約をしなければなりませんね。
その時に決める重要な事があります。

「契約者(保険料金を支払う人)」は誰なのか。
「被保険者(誰に対しての保険)」は誰なのか。
「受取人(事由が発生した際に、保険金を受け取る人)」は誰なのか。
この3事項の組み合わせによって、保険金を受け取った際の税金の種類が違います。

相続税・贈与税・所得税(一時所得)のいずれかに該当し、
それぞれは、金額や条件も異なります。
もちろん、非課税となる場合もありますので、
「契約形態」が重要なのは分かると思います。

契約形態の変更も、保険が継続されている状態なら可能ですので、
皆様も一度チェックしてみたらいかがでしょうか?
『せっかく保険に入っていたのに・・・』とならない様。

次回はチョッと詳しく事例を用いて解説いたします。

         保険のプロ・スタッフ 真仁田でした。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

toyotenrei

Author:toyotenrei

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR