FC2ブログ

はじめて

 

  昨日は 初めて誠行社・・・鎌倉の小坪にある斎場へ行った。

  告別式も無事に終わり みんなは次の準備を茅ヶ崎に戻り行わなければならない。
 
  告別式の片づけにも スピードが要求される。

  梅雨時でも この時期 だいぶ暑さも 厳しくなってきます。

  その暑さの中 スタッフが 汗まみれで 片づけをしていた。

  ワイシャツは汗が頭から 肩から 背中から ビッショリ

  どこの葬儀会社も そうであろうと思うが かなりの汗・・・

  その一生懸命さに 一瞬 感動すら 覚えたかもしれない。

  しばらく 目が離せないでいました。

  彼らの大変さに 頭が下がります。  いつも、お疲れ様・・・

                                ☆岩澤でした☆
                  

守るべきもの

おはようございます。
モロホシです

今年の茅ヶ崎浜降祭は7月18日の日程で行われるみたいですね。
全国あちこちで色々なイベントが自粛モードの中、
私は普通にお祭りをすることに大賛成です。

私は神輿より太鼓の祭り派なのですが、
祭り自体が大好きだから、浜降祭の動向も気になっていたのです。

以前、太鼓屋の主人に聞いた話だと、
東京や横浜の方では、太鼓の叩き手がいなくなり、
祭り自体をやらなくなってしまったとこもあるらしい。

神輿中心の祭りもそういう傾向のようで、
担ぎ手が少なくて困っている地域も多いみたい

時代の流れなのだろうけど、
人と人とのつながりが希薄していく傾向は、
このままずっと続いていくのでしょうかねぇ

なんか寂しいよなぁ。

ちなみにうちの地区は附太鼓をロープで締めています。
今はロープで締めている太鼓はなかなか見ないですよ。
どこもボルトで締める附太鼓ばっかりで。
ちょっとマニアックな話ですけど(笑)

それからここ数年すごく増えてきたのが、
太鼓叩くのに軍手とか滑り止め付の手袋をする人。
自分なんか素手で手の平に豆作りながら、
ときには血豆潰しながら叩くのが太鼓だろうって思っていますよ。
なんか軟弱な感じがして手袋するのは好きじゃないのです。

ボルトで締める太鼓も、手袋して太鼓叩くことも、
その昔は有り得ないことだったのが、
今は当たり前になりつつあるみたいです。

神輿のことは詳しくないけれど、
きっと神輿の祭りにも色々な変化があるのでしょうね。
たぶん、この神輿の変化はうちの岩澤が詳しいはずー。


変わってよいことと変わっていけないこと。

変えた方がよいことと、変えない方がよいこと。

何でも良いってことになったら、
伝統も文化も壊れていくんだよなぁ。

葬儀の世界も一緒ですね。

楽さや便利さよりも、大事なことだってある。

守るべきものは守っていかなくちゃなぁ

一期一会


  

 日々過ごす中で時折思う事がある。
 
『自分がこの世から去るまでに、どのくらいの人と出会っていくのだろう・・・』と
 
 母が亡くなって今年の12月で三回忌を迎えますが 『69歳で亡くなった母も、生きていれば
 まだまだたくさんの人に出会えたんだろうな・・・』
 母を亡くして、より強く思うようになったかもしれない。
 
 そう思ってきたからなのか、一つ一つの出会い・関わりを大切にしてきたつもりの私。

 このお仕事も、一つの出会いになるだろうと思っている・・・が
 
 『はたして私は数時間の出会いを大切に出来ているのかな?』自問自答を繰り返してる
  時があり、繰り返してるうちは出来ていないのかもしれない・・・
  
 と思いつつも、振り返る事はあっても決して後ろ向きにはならない私^▽^
 
 これからも自問自答を繰り返しながら成長出来たらいいな!!
 
 ・・・・・・・・・と思っている      岩澤でした
 

  
  
   
 

最後だとわかっていたなら

どうも、モロホシです

最後だと分かっていたなら…。

葬儀という死に関する仕事に関わっていることもあって、
自分はおそらく他の同年齢の人よりも、
“終わり”に対する意識が高いと思う。

とは、言うものの、普段は“分かっちゃいるけど…”ってやつでして。


そんな自分の胸に沁み入った言葉。

2年くらい前にネットで見つけた動画だけど。



動かなくちゃなぁ…、ね!?




あじさい


  
  梅雨に入り雨の日々が続きます
  気温の変化もありますが、体調管理は大丈夫ですか??

  梅雨と言えば 雨・湿気・紫陽花などが思い浮かびます。
  
  庭を見渡して見ると・・・
  私の家にも 紫陽花が
  
  雨に濡れた紫陽花は まさに『梅雨』の雰囲気を醸し出し
  紫や青綺麗な色で咲いてました。
  
  とは言うものの、早く梅雨が明けて欲しいとも思っています。
  
         
                      夏が待ちきれない岩澤でした
  
プロフィール

toyotenrei

Author:toyotenrei

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR