FC2ブログ

もう春ですね♪

         あっという間に四月ですよね
               もうお花見はいかれましたか?

という分けでこの度、新設されました東洋典礼のブログへと参加させて頂きます中島と申します。
以後宜しくお引き立ての程御願い申し上げます

自己紹介という程のものではありませんが、趣味としては音楽鑑賞・読書・カラオケ等、実に一般的であります。特技は昔バンドを組んでいましたのでギター演奏とピアノを少々習っていたという事もあってか簡単に弾ける程度といった所です
(こう並べると歌もうまそうに聞こえますが人にあまり迷惑をかけない程度の下手さでありあくまでも趣味止まりです

私はこの業界に携わってからもうはや20年超経過しております。
この間に本当にいろんな人とめぐり逢わせて頂き、また世の中の事を一部ではあると思いますが大変に多くの事も学ばせて頂けた用に思えます
また細かいエピソード等は今後のブログに載せていけたらなぁと思っています

28PHAO19.jpg

私共の仕事は毎日が緊張感の連続であります
今後とも事務的な義務感ではなく、皆様に感謝されいく中の達成感を目標に頑張っていければと思っております。

ご挨拶

初めまして、八重樫直英と申します。

最近なにかと感謝をする気持ちが沸きでてきます。

先日ふと道ばたに目をやると、そこには小さな囲いの中に可憐な花が咲いており、とても目を楽しませて頂きました。
どなたが植えたのか…きっとご近所の方が植えたのでしょう。

DSCF0001.jpg

丹誠込めて育ててくれた方に、「 感 謝 」
美味しい食事も作った方や野菜・魚・肉すべてに、「 感 謝 」
「ありがとう!全部いただきます♪」・・・だから太るのかな?
人間は一人では生きられない、お互いに助けあいながら生活しています。人々に「 感 謝 」

与えられた事に感謝して、これからも感謝を忘れずにいきたいと思います。

葬儀・法事・相続に関する「豆知識の泉」

豆知識の泉…第1弾

挨拶に続き井上の豆知識講座、葬儀や法事・相続に関する豆知識の第一弾いきたいと思います。
皆さん、「へぇ~」ボタンをご用意下さい。(笑)

最初は、祝い事や忌み事に必ず登場するお金を入れて渡す袋についてです。
結構呼び名で知らない人が多かったりしますよね。

お金を入れる袋は、まず大別して2つに分かれます。
1つはお祝い事に使う袋「祝儀袋(しゅうぎぶくろ)」、これは皆さんしってますよね。
もう一つが忌み事…要はお葬式や法事に使う袋ですが、これは「不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)」と言います。

よく、両方をひっくるめて「熨斗袋(のしぶくろ)」と言う方がいらっしゃいますが、「熨斗袋」は「祝儀袋」の一種ですので、「不祝儀袋」では使いません。

では、「熨斗袋」の「熨斗(のし)」とは何か?
「熨斗」とは、祝い事の際に相手に贈る贈答品の一種で、アワビなどを平べったくのし(のばし)て乾燥させ紅白の紙で包んだ物の事をいいます。
「祝儀袋」を良く見ると袋の右上に小さな飾りとして、「熨斗」が付いている袋が多数あると思います。
この「熨斗」の付いた「祝儀袋」の事を「熨斗袋」と言います。
ですので、忌み事の際に使う袋を「熨斗袋」と言ってしまうと、大変な間違いですので気を付けましょう。

次に「不祝儀袋」についてですが、こちらも色々な表書きがあって買う際に迷っていませんか?
「御香典」「御霊前」「御仏前」「御布施」「御花料」「玉串料」「志」・・・

はっきり言ってどれを使えばいいか今一分かり難いですよね・・・(^^;)

では最初に「御香典」から説明します。
「御香典」とは、お線香や焼香の際に使う抹香など「お香」の代金としての意味があります。
ですので、仏教形式の葬儀や法事全般に使用可能な袋です。
同じ意味合いで、
キリスト教なら「御花料」→献花するお花の代金、
神式(神社系)なら「玉串料」→玉串の代金として、使用する袋になります。

次に「御霊前」と「御仏前」についてです。
仏教において人は死後「霊」となり、49日間の旅をして仏となるとされています。
なので、49日より前は「御霊前」49日法要から以降の法事においては「御仏前」を使用します。

ただし、同じ仏教でも「御霊前」は使えない宗派があります。
それは・・・浄土真宗です。
何故か?というと、浄土真宗の教えでは「人は死後すぐ仏となる」すなわち「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」と説いてますので、49日間の旅がありません。
よって、「霊」である期間が無いため「御霊前」は使わず最初から「御仏前」となります。

よって、お葬式や法事など仏事に行く時は「御香典」の表書きでお金を包むのが無難ですね。

その他に、寺院に読経して頂いたお礼に包むのが「御布施」、キリスト教なら「御礼」、神式なら「御祭祀料」など、またお手伝い頂いた方やお世話になった人に渡す時は「志」になります。

ちょっと長くなってしまいましたので、第一弾はこの辺で…(^。^)

皆さんの役にたつ事を祈りつつ。。。南無南無(-人-)

皆さん、よろしくお願いします。

皆さん始めまして!(⌒ω⌒)ノ
東洋典礼のPC部門業務を担当しています井上と申します。

主に、ご家族の皆様からお預かりした写真から遺影の作成等を行なっております。
喜んで頂けるように1枚1枚丁寧に色調補正から完成まで仕上げるよう常に頑張っております。

最近ではデジタルカメラによる撮影写真が増えておりますが、一般家庭向けのプリンターで印刷された写真ですと点の集合体ですので、大きく引き伸ばした際はかなり粗くなってしまいます。
ですので、デジタルカメラで撮影した写真はなるべくデータを残していただいて、万一の際は印刷した写真ではなくデータのままお渡し頂けますと、お写真もかなり綺麗に作成する事が出来ます。

遺影写真は長期間飾られるお写真・・・
喜ばれるよう最大限の努力で作成していますので、皆様にもご協力頂きたくお願いを申し上げます。


自分も父親を亡くしていますので、葬儀中などご遺族の涙に毎回もらい涙していますが、どうぞ宜しくお願い致します。
プロフィール

toyotenrei

Author:toyotenrei

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR